粗大ごみ回収業者を賢く利用しよう

粗大ごみ回収業者は引っ越しの前や、家具や家電を買い替えたときの処分など様々な場面で活用できます。

役所を利用する場合は料金はかなり安く済みますが、指定された回収場所まで自分で運ばなければなりません。

役所の場合は事前に粗大ごみ回収券の購入をしなければ回収に出すことができません。

役所は回収日も決まっているので、例えば、引っ越しの2週間前が回収日だとすると、引っ越し日までの2週間家具、家電なしで生活しなければならなくなる場合もあります。


粗大ごみ回収業者なら、日時を指定できるので、引っ越しの前日まで家具、家電を使うこともできます。

これからは商品券の口コミ情報をまとめました。

回収業者は役所が行っていない土日祝日も回収を行っています。また役所の粗大ごみ回収には回収できないものも多いです。



粗大ごみ回収業者なら、ほとんどの物を回収してくれます。



家具、家電、スポーツ用品、カー用品、自転車、ベビー用品、オフィス用品などです。



中には産業廃棄物を回収する業者もあります。

料金はホームページに細かく記載している会社もあれば、おおざっぱに記載している会社など様々です。
家具の解体、1階か2階かで料金が変わってくる場合がほとんどです。

ギフト券 種類の情報をお知らせいたします。

料金体系は3パターンに分かれます。

http://okwave.jp/qa/q5114341.html

基本料金+処分品ごとの料金+オプション、基本料金がいらず、処分品ごとの料金+オプション、積み放題プランです。


オプションとはエレベーターがなく、階段で移動する場合や解体の必要な場合です。


安く済ませたい人は基本料金がかからないタイプを、不用品が多い場合は積み放題プランを利用する方がお得な場合があります。

産業廃棄物を違法に山などに捨てたりして罰せられる業者もいます。

https://allabout.co.jp/gm/gc/466754/

適正業者はホームページなどに許可番号を記載しています。

http://smany.jp/6211

依頼する前に、免許がある業者かを確認しておく方が良いでしょう。

関連リンク

増加傾向にある「自然葬」とは?

近年、テレビや雑誌などで「お墓」について取り上げられることが増え、自分のためのお墓を用意する活動「墓活」も大きな話題となりました。これには少子化の進行や家族制度の変化により、子孫が先祖代打のお墓を守っていくという従来の形式が維持できなくなっていることが背景にあります。...

more

粗大ごみ回収業者を賢く利用しよう

粗大ごみ回収業者は引っ越しの前や、家具や家電を買い替えたときの処分など様々な場面で活用できます。役所を利用する場合は料金はかなり安く済みますが、指定された回収場所まで自分で運ばなければなりません。...

more