粗大ごみを出すときにあらかじめ知っておきたいこと

引っ越しや家族が増える時など、粗大ごみを出す機会というものは誰しも経験します。粗大ごみはそのままごみ捨て場へ捨てることはできません。
ここではごみの出し方から賢い処分方法まで簡単にまとめてご紹介していきます。

まず、粗大ごみはどれくらいの大きさからなのかというと、1辺がおおむね30cm以上のものになりますので、主に家具になります。

なお、家電のうちエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は家電4品目と呼ばれ、家電リサイクル法によって処分する必要があるものになりますので粗大として出すことはできません。パソコンも同様です。


さて、処分方法ですが、オーソドックスな方法としてごみ捨て場へ出す場合です。
まず粗大ごみ受付センターへ電話をします。

電話でごみを収集する日とシールの購入金額を告げられますので、コンビニなどで販売しているシールを購入します。


シールを貼り、電話で告げられたごみ収集日の当日朝にごみ捨て場へ置いておきましょう。
これで処分は完了です。

次にリサイクル業者に買い取ってもらう方法があります。この方法なら自分の負担なく処分することが可能で、かついくらかお金を得ることができます。

なお、当然消耗具合によっては値段がつかないこともありますし、良心的な業者であれば値がつかなくても無料で引き取っていただけるところもありますので、いくつか業者を探してみるといいでしょう。
最後に周りに家具などを欲しがっている人がいるか探してみてください。


家具は思いのほか引き取り手がいるものです。最近ではネットのフリーマーケットで個人間取引のもと、家具や不用品など受け渡しが行われているので、一度検討してみるのもいいでしょう。

















関連リンク

日本の自然葬と考え方

自然葬とは、亡くなった方の遺骨や遺灰を海や山などの自然の中に還すという葬式方法です。日本では一般的な墓石に遺骨や遺灰を納めるという方法とはまったく違う自然に帰ろうとする考え方で行うものです。...

more

粗大ごみ回収業者を賢く利用しよう

粗大ごみ回収業者は引っ越しの前や、家具や家電を買い替えたときの処分など様々な場面で活用できます。役所を利用する場合は料金はかなり安く済みますが、指定された回収場所まで自分で運ばなければなりません。...

more